大きいサイズのキャバドレスおすすめ通販ショップ

今回は安いキャバクラと高いキャバクラの違いについてお話したいと思います。
キャバクラはセット料金いくら、でハウスボトルがついて、延長何分ごとにいくら、という料金体系が普通ですが、このセット料金、ピンキリです。もちろん安いに越したことはありませんが、入ってみたら女の子がみんなかわいくなかったり、平気で自分のお客さんじゃないのにテーブルでタバコ吸っていたり、教育のなってないキャバ嬢が多いのが特徴ではないでしょうか。わたしはプライドとして安いお店で働きたくなかったので、安いお店で以前働いていたキャバ嬢から聞いた話ですが、前のお店ではこれもあれも許されていたのに、なんて文句を言っていました。もちろん安いキャバクラはキャバ嬢の時給も安いので、しょうがないのかもしれませんが、接客業であることを理解していないキャバ嬢が多いことに驚きました。もちろんフリーのお客さんについても名刺も渡さないし、営業はまったくしないし、つまり、安いキャバクラはキャバ嬢の質が悪いということだと私は思います。

 

大きいサイズキャバドレス|地域ごとの客層について 

今回は、キャバクラのある地域ごとの客層についてお話したいと思います。
キャバクラは東京では主に歌舞伎町、湯島、六本木、銀座、に集中してあります。湯島にいまキャバクラがあるのかはわかりませんが。歌舞伎町の客層ですが、一番多かったのはオレ様体質の何の仕事しているのかわからないお金自慢のお客さんですね。もちろん普通のサラリーマンの方もいらっしゃいましたが。湯島はくたびれたサラリーマンが多いな、という印象です。六本木は場所柄もあるのでしょうが、芸能関係者が多かったです。芸能人も何人もお客さんとしていらっしゃいましたし、スポーツ関係の方の多かったです。銀座はやはり地位のある、会社経営者の方やどこかの会社の理事長や大手マスコミ関係の方が多かったですね。客層で若い順には、歌舞伎町、六本木、湯島、銀座というところでしょうか。私が一番接しにくいと思ったのは、歌舞伎町のお客さんでした。お金の自慢をされても、なんとも思わなかったし、実際もっとお金持ちの人をいっぱい見てきたからです。

更新履歴